本よんだ。

偏った志向のキモオタが読んだ漫画を紹介するだけのブログ。話半分に覗いてみてください。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

玄人のひとりごと 

「玄人のひとりごと」中島徹 11巻未完

ジャンル一覧を見た時まだ埋まってないのから書いていこうかなと思いまして。
ギャグに分類すべきか微妙なラインですが。
この漫画とまあじゃんほうろうきが僕の麻雀の原体験です。
中島先生のご冥福をお祈りいたします。


【あらすじ】
経歴・年齢など一切不明の(自称)プロ雀士、南 倍南(みなみ ばいあん)が、
麻雀含め様々ギャンブル、旅行に散髪、飯の食べ方一つとっても玄人としてのこだわりを語る漫画。
1話完結。

【感想】
非常に緩く読めます。
麻雀を知らなくてもいい。古い話はその当時のネタの懐かしさににやりとする。
「夜行」のパロディなど食に関する話も相当こだわる。
余談ですが80を超える祖母は麻雀を知りませんが楽しく読んでました。
つまりそういう漫画だと思います。



スポンサーサイト

category: ギャンブル

TB: 0    CM: 0

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

アフィリエイト(笑)

アフィリエイト2(笑)

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。